Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

任意保険一覧

【必見】事故での修理代が時価額を上回った時の補償金額と賠償の詳細

交通事故での修理代が時価額を上回った時は車の事故の規模に関わらず保険会社に請求できる、補償できる保険金はその車の時価額までになります。時価額は自動車保険会社が共通で使っている自動車価格月報(レッドブック)や自動車査定協会の中古車価格ガイドブック(イエローブック)で時価額が決まっていて上限まで支払われます。実際に元通りにするのに必要な修理代を100%払ってくれるわけではないので注意が必要です。

【保存版】車両保険の補償範囲・補償内容・補償金額まとめ

車両保険の補償内容は車対車事故、自然災害、盗難や落書き、当て逃げ、いたずら、飛び石、台風・洪水、火災・爆発、地震、自損事故(単独事故)です。補償範囲は一般型の車両保険とエコノミーの車両保険によって異なります。車両保険を使うと、等級が3等級か1等級ダウン(等級が下がる=保険料が高くなる)するので使うかの判断が重要です。

【保存版】自動車保険の等級引き継ぎの3つの条件と方法まとめ

自動車保険(任意保険)の等級引き継ぎの3つの条件は「1.等級の引き継ぎ元の保険が同居の家族や親族であること」 「2.等級の引き継ぎ元の保険が満期日から7日以内での乗り換えであること」「3.等級の引き継ぎ元の保険の保険証券と運転免許証と車検証が揃っていること」です。保険の等級引き継ぎで最も重要なのは「同居」していることです。

【重要】車が水没した場合は車両保険で補償される?パターン別補償

結論から先に書くと、車両保険に加入していれば水没しても車両保険が適用されて保険金(補償金)を受け取ることができます。修理する場合は補償金で修理をすることができますし補償金を使って車を買い換えることも可能です。ただし地震、噴火、津波はどの保険会社でも免責事項ですがどの車両雨保険でのプランでも車両保険では補償対象外です。