事故と補償のケーススタディー

事故と補償のケーススタディー

【保存版】急ブレーキが原因の追突衝突事故の過失割合と賠償のすべて

前を走っている車が急ブレーキをかけた事が原因での追突事故の過失割合は追突した側が70%(7割)で追突された側が30%(3割)が基本の過失割合になります。 高速道路上の場合は追突した側が50%(5割)で追突された側が50%(5割)が基本の過失...
事故と補償のケーススタディー

【必見】駐車場や私有地での当て逃げは車両保険で補償されて保険金が出る?

もし駐車場や私有地で当て逃げにあった場合は車両保険の「一般車両保険」プランに加入していれば車両保険から補償され保険会社から修理代が支払われます。また、防犯カメラやドライブレコーダーで相手が特定できれば相手に損害賠償請求ができます。 基本的に...
事故と補償のケーススタディー

【保存版】任意保険なしでの自動車事故やバイク事故の補償と賠償の詳細!

任意保険なしで運転している人はほんんどいないと思っているかもしれませんが、自動車運転者全体の約15%は任意保険未加入で運転をしています。 結論を先に書くと、任意保険に加入していない場合は自賠責保険(強制保険)だけの補償になり事故をした場合は...
事故と補償のケーススタディー

【保存版】交通事故で加害者が死亡した場合の損害賠償請求と請求方法

交通死亡事故で被害者が死亡するだけでなく交通事故の加害者側が死亡するケースの場合は相手の加害者が死亡した場合は、相手が自賠責保険や任意保険に加入していた場合は自賠責保険や加害者が加入している保険会社に請求することになります。 こちらの被害者...
事故と補償のケーススタディー

【必見】友達や他人が運転中の事故は保険で補償される?まとめ

友達や他人に運転を変わってもらうことがある人は自分以外の人が運転中に事故をした時は保険が適用されるのか気になるかと思います。 結論から先に書くと、特典(「本人限定」「家族限定」「本人・配偶者限定」)といった条件がついていなければ友達や他人の...
事故と補償のケーススタディー

【保存版】事故有等級制度と事故あり係数の適用期間と保険料への影響

交通事故を起こした時は「事故有等級」となり事故あり係数が適用されるため保険料が通常の事故無等級よりも高くなります。 結論から先に書くと、「事故有等級」となった場合は通常の等級よりも10%〜20%ほど保険料が高くなります。 3等級ダウン事故の...
事故と補償のケーススタディー

【必見】友達や他人の車で事故をした時は自分の保険で補償される?詳細

友達や他人、同居していない家族の車やレンタカーを運転して事故を起こした場合は自分の自動車保険で補償されるのか気になるかと思います。 結論から先に書くと、自分の自動車保険(任意保険)に「他車運転危険担保特約」をつけていれば 友達や他人、同居し...
事故と補償のケーススタディー

【重要】アクセルとブレーキの踏み間違い事故の補償と保険金の支払い

アクセルとブレーキの踏み間違い事故でも任意保険に加入していれば対物賠償保険で補償されて被害者救済の観点から保険金が支払われます。 保険を使うと翌年度は等級が3等級ダウンします。アクセルとブレーキの踏み間違い事故は統計では高齢者が一番多いので...
事故と補償のケーススタディー

【必見】任意保険未加入者の割合と事故を起こした時の補償の詳細

任意保険の加入率は実は100%ではなく自動車共済と人に保険をあわせて約85%の加入率となっていて15%は任意保険に未加入です。 そのため事故をした場合は相手が任意保険に未加入のケースも多々有り、そのような場合は賠償金を支払ってもらえない事が...
事故と補償のケーススタディー

【重要】家族に車を貸している時の事故は任意保険で補償される?詳細

自動車保険の運転者限定(運転者限定特約)が「家族限定」であれば同居の家族が運転している時の事故であっても任意保険で補償されて、保険料が支払われます。 別居の家族の補償は運転者限定を「限定なし」にしていると事故の場合も補償されて保険料が支払わ...