Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【プロ直伝】ディーラーの自動車保険が高い理由と保険料を安くする方法

ディーラーで自動車保険(任意保険)を契約した場合は保険料が相場よりもかなり高い理由は、

ディーラーの自動車保険は代理店型保険なので代理店手数料である人件費や店舗費用が上乗せされているからです。

ディーラーの自動車保険(任意保険)を確実に安くする方法は無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使うことです。

このサービスを使うと20社の保険会社に対して自分の条件で一括無料見積りができ、各保険会社からは保険料が見積りという形で添付されて返ってきますのでそれで判断します。

ディーラーの自動車保険は「大は小を兼ねる」といいますかその人に必要のない補償内容や特約がついているからです。

ディーラーで任意保険に加入すると紹介した一括見積もりで見つけた保険会社と比べて3〜5万円は高いと思っておいて間違いありません

武中
たとえばディーラーの自動車保険で付帯される無駄な補償のフロントガラス補償を例だと等級を下げずにフロントガラスを修理できるという内容ですが、割りにあっていません。

フロントガラスが破損するのはだいたい10年に1度くらいで車両保険を使っても1等級ダウンだけで補償される内容です。

ディーラーの自動車保険は年間3万円〜5万円は保険料が上乗せされているため、その分を貯金しておけば車両保険を使わなくても十分に修理ができてむしろ大幅に節約できます。

武中
多くの人がこのことに気がついていなくてとてももったいない事実です。

ディーラーの自動車保険(任意保険)が高い理由

自動車保険(任意保険)はディーラーでも契約できますが保険料が高いだけでなくメリットとなることはほとんどありません。

ディーラーの自動車保険は代理店手数料が上乗せされている

ディーラーは自動車保険の代理店でもあるので任意保険を契約する場合は代理店型自動車保険となります。

代理店型自動車保険は任意保険の加入者の保険料に代理店手数料である人件費や店舗費用が上乗せされているので保険料は高くなります。

同じ補償内容や条件であっても通販型(ダイレクト型)の自動車保険と比べて高い保険料になります。

また、ディーラーは自動車保険の加入者を獲得すると保険会社から手数料と報酬が支払われますのでディーラーで自動車を購入した場合は必ずと言ってもいいほど自動車保険の加入の勧誘をされます。

ディーラーで契約する自動車保険は自動車保険の保険料が高いほど保険会社からもらえる報酬額が多くなるので無駄な特約を付けられたり過剰な条件で自動車保険に加入させてられたりするのが現実です。

実際に1件自動車保険を契約すると20%~15%ほどの報酬を保険会社からもらっています。

言い方を変えるとディーラーの自動車保険はあなたの事故の時の安全を考えて特約や手厚い補償をつけているわけではなく、

保険会社からの報酬が欲しくて無駄な特約や補償をつけていることもあります。

ディーラーが勧めてくるから必要だからではなく、あなたのもしもの事故の時のことを考えてくれているわけではなくできるだけ高い保険料になるように保険を選んでいることはよくありますので、保険料を安くしたい場合や節約したい場合はディーラーで自動車保険に加入しないようにしましょう。

武中
自動車保険はディーラーや代理店で契約しなくても今は通販型の自動車保険がメジャーでインターネットから契約できます。

通販型の自動車保険は代理店型の自動車保険の保険料よりも2割~5割程度安くなります。

ディーラーは自動車保険にあまり詳しくない

ディーラーでは自動車保険を勧められますが、実は保険のプロではありません。

基礎知識は持っていますが補償や特約などについてあまり詳しくなく、不要な特約や補償や無駄な特約や補償を外したり保険料を安くするだけの知識がない人も多くいます。

また、ディーラーは同じ担当者ではなく定期的に人事異動などがあり担当者が変わります。

そのため契約時の自動車保険の担当者が次の更新の時には変更になっていることも多く、新しい担当の人が保険の知識があり、契約更新などの手続きなどについて把握しているわけではありません。

武中
付帯されている特約についてなぜついているのかやその特約の詳細を聞いても答えられない場合もあるので注意が必要です。

ディーラーでは通販型の自動車保険のほうが安いことを教えてくれない

ディーラーで自動車保険を契約する際には代理店型自動車保険と通販型自動車保険の保険料の違いを教えてくれることはまずありません。

なぜならディーラーは代理店型自動車保険で保険料が高いので、通販型自動車保険のほうが保険料が安いことを伝えてしまうと、ディーラーで自動車保険を契約してくれなくなるかもしれないからです。

そのため、友達や知人よりも車も補償内容もほとんど同じなのに自分の保険料がずっと高いということが起きます。

ディーラーは無駄な補償や特約が付帯されている

ディーラーの自動車保険はできるだけ高い保険料にしてほしいと思っています。

ディーラーは契約した保険1件につき保険料の20%~15%の報酬を自動車保険から受け取れます。また、営業成績にも繋がるのでディーラーにはメリットは大きいですが、保険の加入者にはほとんどメリットはなくデメリットのほうが多くなります。

ディーラーは自動車保険の保険料をできるだけ高くしたいという根源があるため無駄なと特約や手厚る過ぎる補償内容で保険を契約させようとします。そのため保険料がかなり高くなります。

武中
特約や補償内容が無駄についていて使うことがないとしても保険料が高くなるだけでなにも問題はないからです。

ディーラーで加入する保険にもメリットは1つあり、担当者が親身に保険の相談にのってくれることです。自動車を購入してもらって保険にも加入してもらうと2重の報酬を手に入れられるので親身になって対応してくれます。契約をとるとその担当者の成績があるというわけです。

ディーラーで自動車保険を契約しても事故対応は同じ

ディーラーで自動車保険を契約すると保険料は高くなります。

保険料が高いので事故対応がいいのでは?と思うかもしれませんがディーラーで自動車保険に加入した場合でも事故時の対応がよくなるわけではありません。

ましてや事故現場に担当者が来てくれるようにことはまずないのでディーラーで契約した自動車保険は事故対応がいいと思っていたら大きな間違いです。

ディーラーの自動車保険と通販型自動車保険の保険料の違い

では実際にディーラーで加入する代理店型の自動車保険と通販型(ダイレクト型)の自動車保険を全く同じ補償内容と条件で見積もりをして比較をすると、

ディーラーで加入する代理店型自動車保険が3割~5割程度高くなることがわかります。

車種 代理店型 通販型 差額 保険会社
プリウス 73,780円 52,340円 21,440円 イーデザイン損保
ハイエース 86,180円 53,620円 32,560円 三井住友海上
N-BOX 57,350円 31,640円 25,710円 SBI損保

このように全く同じ条件と補償内容であってもディーラーで自動車保険委加入すると保険料は必ず高くなり、保険料が高くなることを避けることはできません。

保険料を安くしたい場合は、ディーラーや保険の代理店から契約をするのではなく、インターネットを使って直接保険会社と自動車保険を契約する通販型(ダイレクト型)自動車保険を契約することが正解となります。

ディーラー経由の自動車保険の勧誘の断り方

ディーラーで自動車を購入したりすると自動車保険の任意保険の勧誘がけっこうしつこかったりします。ディーラーの担当者が自動車保険をしつこく勧誘してきた場合や、保険料の安い通販型の自動車保険にすることを決めている場合の断り方は下記がおすすめです。

ディーラー経由の自動車保険の勧誘の断り方
  • 親戚が自動車保険の代理店をやっているからそれで加入するという
  • 知り合いがやっている代理店で加入するという
  • 既に加入する保険会社を決めていて車検証待ちという

などとやんわりと断ればそれ以上ディーラーの担当者も勧誘できなくなります。

ディーラーで自動車保険に勧誘すると契約更新のたびに継続の勧誘などをされてけっこう苦労する話はよく聞きます。特に、そのディーラーをずっと利用するのであればいいですが、違うメーカーの自動車を購入した場合などはけっこう面倒になります。

自動車保険(任意保険)を安く契約する方法

ディーラーの自動車保険は代理店型自動車保険なので保険料が高いです。

既にディーラー経由で自動車保険に加入している場合は現在加入している自動車保険の条件や補償内容が記載されている保険証券が手元にあるので、

保険証券と車検証を用意しては無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使うことで複数の自動車保険会社に対して1回の条件入力で保険料の安い自動車保険を比較して探すことができます。

新規で加入する場合も自動車保険の一括見積りサイトを使うことで保険料最安で自動車保険に加入できます。

ディーラーで自動車保険に加入する場合と比べて3割〜5割程度最初から保険料を安くできます。

自動車保険の一括見積りサイトは何度条件を変えても何回見積もっても完全無料で使えるので車両保険ありの場合となしの場合、特約をつけた場合とつけなかった場合などいろいろな条件で見積もることで自分にあった自動車保険を探すことができます。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです

この一括見積もりサービスを使って出て来る保険会社はすべての保険会社が分割払いに対応しています。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

自動車保険会社によって保険料は大幅に変わりますのでこれから自動車保険に加入しようと考えている方や現在加入している自動車保険の保険料が高いと感じている場合は、

無料の一括見積もりサービスを使って同一条件で他の保険会社だとどれくらい安くなるのか比較してみるとかなり節約できることがわかって驚きます。

利用料は完全無料で約5分の入力で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。900万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる(フリーメールOK)

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2020年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)