Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自動車保険(任意保険)の保険料を下げる方法一覧

【プロ直伝】任意保険・車両保険の保険料を安くする7つの方法

任意保険・車両保険の保険料を安くする方法はいくつかあり「運転者限定特約を活用する(効果大)」「家族や親から等級を引き継ぐ(効果大)」「保険料の安い保険会社を選ぶ」「補償内容を限定する・見直す」「車両保険を安くする・限定する(効果大)」「1年分の保険料を一括して支払う」「各種自動車保険の割引きを適用させる」方法があります。

【保存版】自動車保険の保険料の相場と保険料を比較して安くする方法

結論を先に書くと、自動車保険の保険料の相場と保険料を比較して安くする方法は自分の保険の条件で完全無料で利用できる自動車保険の一括見積もりサービスを使う方法です。同一条件であっても保険会社によって大きく保険料が異なります。自動車保険の相場は条件によって大幅に保険料が変わるので自分の条件で見積もりをすることが重要です。

【必見】自動車保険はダイレクト型(通販型)だと保険料が安くなる

自動車保険の保険料はダイレクト型(通販型)を使うことで2割〜5割ほど保険料を安くできます。同一条件であってもダイレクト型は代理店型に比べて人件費や店舗にかかるコスト、中間コストなどがないので同じ保険の内容、条件であっても保険料が安くなります。メリット・デメリットも詳しくまとめました。

【保存版】自動車保険の代理店と保険会社の関係と違いまとめ!保険料を安くする方法

自動車保険の代理店と保険会社の関係と違いは代理店は自動車保険の保険会社に加入してもらうための窓口になります。『人件費』がかかっているので保険会社と直接契約するダイレクト型(通販型)保険と比べて『全く同じ保険の内容でも保険料は高く』なります。ダイレクト型(通販型)は代理店型とくらべて保険料が2割〜5割程度安くなります。