Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

武中 育美一覧

【保存版】高速道路上の自動車事故のケース別過失割合まとめ

高速道路の車線上で停車している時に追突された場合は追突された側も30%〜40%(3割〜4割)の過失となる場合が多いです。追突した側はその残りの過失割合となります。例えば急ブレーキが原因で追突された場合は追突された側の過失が50%(5割)です。一般道では停車している車に追突した側の過失が100%(10割)になります。

自分の車が停車中に後ろから追突された場合の事故の過失割合まとめ

結論から先に書くと、基本的に自分の車が停車中に追突された場合の事故は『追突側の過失割合が100%(10割)で自分側の過失は0%(過失なし)になります。』自分の自動車が停車中に追突された場合の事故は後ろからの追突でなくても自分側に過失割合はありません。ただし停車していたことを主張する必要があります。注意点と事故時の対応の詳細

【保存版】無灯火の自転車と事故を起こした時の過失割合と責任

結論から先に書くと、自分が自動車やバイク(二輪車)で無灯火の自転車と事故をした場合は『過失割合は自分の方が多く(過失大)なります』自分が歩行者だった場合は、自転車の方が過失割合が多くなります。「優者危険負担の原則」というのがありどちらが弱い立場かという観点から判断されます。事前に知っておきたいこと正しい対処方法とは?