Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)

【保存版】自動車保険の保険料を分割払い月払いにする方法まとめ

自動車保険(任意保険)や車両保険を1年間の一括払いでなく分割払いや月払いにするにはクレジットカード払いを選ぶか、分割払いに対応した自動車保険会社を選ぶことで可能となっています。

最近の自動車保険はすべての保険会社でクレジットカードの払いに対応していてるので分割払いはできますが基本は年払いとなっています。

分割払いに対応している保険会社
  • すべての保険会社が保険料の分割払いに対応

保険のプロからの考えは、分割払いをするくらい余裕がない場合は、保険料の安い保険会社に乗り換えるほうがずっと効果的です。

保険料の安い保険会社を選び、分割払いにすれば最低限の保険料で同じサービスを受けることができます。

武中
実は保険会社によって「純保険料」と「付加保険料」の判断基準が異なるため、同じ保険の条件でも保険会社によって保険料が最大で300%ほど変わります。

具体的に自分の保険の条件で保険料が安い保険会社を無料で調べる方法は無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使うことです。

 このサービスを使うとメジャーな20社以上の保険会社に対して自分の保険の条件での一括無料見積りができるので契約できる保険会社からは保険料が見積りという形で添付されて返ってきますのでそれで判断します。
武中
実際に多いのは高い保険料の保険会社と契約しているという恐々です。
武中
完全無料で利用できるフリーメールで利用できるのでプロの私達も他社の保険会社の保険料を調べるのに活用しています。

ここではクレジットカードと口座振替で自動車保険の保険用の分割払いや月払いに対応している保険会社をまとめましたので紹介します。

自動車保険の保険料を分割払いや月払いにする2つの方法

自動車保険の任意保険や車両保険の保険料は基本的に1年間契約となるので年払いが基本ですが下記の方法を使うことで分割払いや月払いにすることができます。

自動車保険の保険料を分割払いや月払いにする方法
  1. クレジットカード支払いで分割払いにする
  2. 分割払いに対応した自動車保険会社を選ぶ(すべての保険会社が対応済み)

クレジットカード払いに対応した自動車保険会社

クレジットカード払いはすべての保険会社がすでに対応済みです。

たとえば下記の保険会社はクレジットカード払い・分割払いに対応しています。

クレジットカード払いに対応している保険会社
  • アクサダイレクト
  • ソニー損保
  • セゾン自動車火災保険
  • チューリッヒ
  • イーデザイン損保
  • 三井ダイレクト
  • SBI損保
  • そんぽ24
  • おとなの自動車保険
  • アメリカンホームダイレクト

上記クレジットカードの支払に対応した保険会社で保険料が安いのは、アクサダイレクト、ソニー損保、セゾン自動車火災保険の三社になります。

しかし保険料は条件によって保険料が安い保険会社は異なるため無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使って一括見積もりをして比較をすることが大切です。

一括見積もりサービスは何回見積もりを出しても完全無料なので、見積もりを試算しながら自動車保険を安くする方法を試してみるのもおすすめです。

口座振替による分割払いに対応した自動車保険会社

上で紹介したのはクレジット払いでの分割払いに対応している保険会社ですが、こちらは口座振替での保険料の分割払いに対応している保険会社です。

口座振替による分割払いに対応した自動車保険会社
  • アクサダイレクト

アクサダイレクトは口座振替での支払いでも「分割10回払い」という支払い方法が選択できるため年間の保険料を10回に分割して払うことができます。

アクサダイレクトは口座振替での分割に加えてクレジットカードでリボ払い・設定回数払いで分割払いができます。

自動車保険の保険料が安くなるのは一括払い

自動車保険の保険料は分割払いと比べて一括払いの方が安くなります。

分割払いは1年まとめて支払う場合より契約内容が同じでも保険料が5%ほど割増になります。

たとえば1年間の保険料が5万円だった場合は、各期間で解約するまでに支払う保険料は下記の表の通りになります。

自動車保険の任意保険の契約は1年単位ですが、支払い方法は1年まとめての「年払い」と1ヶ月ごとに支払う「月払い」の2つの方法があります。

武中
一括で払うだけの余裕があれば一括払いを選んだほうが保険料を安くできます。

自動車保険の分割払いは支払いが遅れると保険適用外

自動車保険の保険料をクレジットカードでの分割や分割払いにしていた場合は支払いが遅れると保険の効力が失われてもしもの事故の時も保険が適用できなくなります。

たとえば口座引き落としやクレジットカードでの分割の場合で保険料未納となった場合は保険会社から直ちに通知や連絡がきますのでその時に速やかに対応することが大切です。

自賠責保険(強制保険)は一括払いしか選択できない

強制保険である自賠責保険の支払いは一括払いしか選択できません

ただし自動車やバイクの自賠責保険は車検を受けるときに車検の有効期限分の期間一括で保険料を支払うので分割で払うというパターンがそもそも発生しません。

また、車検のある自動車やバイクには自賠責保険は加入済みなのでわざわざ自賠責保険を契約する必要はありません。

ディーラーや整備工場に車検を依頼すると自動的に自賠責保険に加入された状態で車検完了となって返ってきます。

保険料が安い自動車保険は一括見積もりで比較して探すしか無い

自動車保険には保険会社がたくさんありますが、同じ条件であっても保険会社によって基準がことなるため保険料が大幅に変わります。

保険料が安い自動車保険(任意保険や車両保険)を探すには無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うしかありません。

自動車保険は同じ条件や補償内容であっても保険会社によって保険料が大幅に変わります。近年は複数の自動車保険会社に対して一括で保険料を見積もりできるサービスがメジャーです

この一括見積もりサービスを使って出て来る保険会社はすべての保険会社が分割払いに対応しています。

車検証と現在自動車保険に加入している場合は保険証、免許証があれば簡単に見積ができてわずか20分くらい複数の保険会社から見積もりがでてきて保険会社ごとに保険料を比較することができます。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い保険会社がお得になります。

そのためロードサービス付きで一括見積もりをしてみるともし現在保険に加入している場合はどれくらい安くなるのかがわかりますし、新規の場合も最安の保険料で自動車保険に加入できます。

は無料で複数の保険会社に対して任意保険の保険料を一括で見積もれるサービスは大人気でほとんどの方が自動車保険に申し込むときにや乗り換える時や自動車保険を見直す時に利用しています。

自動車保険会社によって保険料は大幅に変わりますのでこれから自動車保険に加入しようと考えている方や現在加入している自動車保険の保険料が高いと感じている場合は無料の一括見積もりサービスを使って同一条件で他の保険会社だとどれくらい安くなるのか比較してみるとかなり節約できることがわかって驚きます。

利用料は完全無料で約5分の入力で見積もり結果が出てくるので絶対に利用したほうがいいです。900万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。

 icon-chevron-circle-right 自動車保険の無料一括見積りを試してみる(フリーメールOK)

>>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法の完全まとめ


武中
保険料の安い保険会社を探すには「実際に見積もってみる」しかありません。新規の場合も現在任意保険を契約中でも一括見積りの金額を比較して保険会社を選ぶことで無駄な保険料の支払いを節約して「確実に保険料を安く」できます。2020年今現在この方法以外に完全無料で保険料を効率的に下げる方法は存在しません。唯一保険のプロとして自信をもって紹介できる方法です。

この記事とサイトはあなたのお役に立つために作成しています。お役にたちましたらシェアやリンクしていただけると嬉しいです(*^^*)